不用品回収というと、たいていのものならどんなものでも回収してくれるというイメージがありますよね。

でも実は、不用品回収でも回収できないものがあるのです。

もちろん業者によって違いますので、一概にすべての業者が回収してくれないというわけではありません。

でも多くの不用品回収業者で回収できないものとして挙げているのが、著作権や肖像権などが関係しているような、他人の権利を侵害する物品や盗品、動物、薬品です。

横浜は、役所で回収してくれるものがほとんどですが、やはり不用品回収業者の方が、回収してくれるものが多いです。

それでも、回収できないものがあるというのは知っておく必要があります。

とはいえ、回収できないものは、日常生活の中ではあまり出ないものばかりです。

横浜で不用品回収をしてほしいと思ったら、まず市で回収できるかどうか確認し、面倒だったりできなかったりしたら不用品回収業者にお願いし、それでもできなかったら、手間はかかっても、専門機関を利用するしかないでしょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.